非鉄薄膜金属廃材の自社内再資源化用機器装置の開発と納入。
自社工場内で発生する高価非鉄金属廃材の再資源化リサイクル機器装置を共同開発し大手企業に本年2月に納入しました。非鉄薄膜金属廃材の破砕と圧縮を連続して行う装置で処理能力は時間当たり200Kg。リサイクル工程に適した圧縮物の硬度調整ができるようメカ的・電気的に調整機構を開発。また、薄膜特有の詰まりを防止する構造も同時開発しました。機械の耐摩耗性を高める機械構造と磨耗した場合の部品交換の容易性を高める工夫も行いました。インゴット・サイズは500角で、運搬の簡素化も図りました。
商品回収リサイクル会社に大型アリゲータ式金属圧縮機を設置しました。
家電リサイクル法、建築リサイクル法などによりメーカーが販売した自社商品の回収を独自で行なっている会社が増加しています。平成27年1月,関東地区の大手リサイクル会社に圧縮力145鼎梁膩織▲螢押璽振眤旭欺無,鯒柴しました。投入口サイズはW1,100 x L2,000と大きく、モーターも37kWと大容量です。機械外形はW2,000 x H2,340 x L5,650 機械重量は約13鼎任后この機械を導入して処理効率が大幅にアップしたと好評です。既にこのタイプの引き合いが数台きており、リサイクル会社へのニーズが増大していることが伺われます。
多様で独自の操作が可能なアリゲータ式金属圧縮機を納入しました。
多種多様な金属のプレスができ、独自の方式により特殊な操作ができるアリゲータ式(2方向締め)の金属圧縮機を納入しました。専用ボタンを設置し1工程で設定重量のインゴットを作ったり、一定量の投入量に達したら圧縮工程に入るなどの機能を追加可能とします。今回納入の機械は主押し圧力65邸機械本体のサイズはL3,600xW1100xH1,850、圧縮圧縮室サイズは600xH700xL1,000です。油圧ユニットは11kW。商品レンジとしては37kWクラスまでを標準仕様としています。
アルミ飲料缶のインゴット作成に最適のパワフル縦型圧縮梱包機
飲料缶のリサイクルの中でもアルミ缶は有価価値が高く、効率の良い圧縮機の要望が高まっていました。今回は山口県に納入された、一度に大量のアルミ飲料缶を処理できるドイツHSM社製のパワフル53鼎僚跳唇欺椋包機をご紹介します。投入口は幅1,195mm x 高さ650mmと大きく、ベールサイズも幅1,200 x 奥行き780 x 高さ1,000mmと大きく、しかもインゴット固さは、次のリサイクルに最適な硬度を提供致します。簡易型の縦型圧縮梱包機にもかかわらず、今までにない大量圧縮が一度にできると大変好評です。
各種の用途向けに納入したドラム缶圧縮機3機種をご紹介。
多様なドラム缶類の処理に対して、それぞれのニーズに合った3種類のドラム缶圧縮機を全国各地に納入しています。200Lドラム缶専用の型式 DPM6.5は圧縮力は20トン。強力な圧縮力27トンの型式FP3000はドイツHSM社製。サイクルタイムも33秒と高速圧縮を誇ります。ドラム缶圧縮と共にフタも開けるオープナー機構付の型式DP35は、圧縮力35トンの最上位機種です。防爆仕様も可能です。当社のドラム缶圧縮機は、全国の化学会社、塗料会社、インキ会社、重電機会社、自治体など広範囲のお客様に大変好評です。
マテリアル・リサイクルに最適のプレス圧100,150鼎糧昭動圧縮梱包機
日本グランツは廃プラスチックや金属、紙類のマテリアル・リサイクルに最適な処理方法と革新技術のご提案を数多くさせて頂いています。今回も強力な100邸150鼎離廛譽弘気鰺する半自動圧縮梱包機で効率の良い減容化をご提案します。投入口サイズは幅1200x奥行1040と大きくベール重量450〜500Kg,番線は4本手動結束。モーター容量は22kW。サイクルタイムは約40秒と高速。当社の10年の納入実績とノウハウを結集した最新機種です。実機テストも随時行っていますので遠慮なく当社へお問合せ下さい。
使用済みのペットボトルの破砕・圧縮・梱包を一体化した機械を販売します。
圧縮・減容機分野で世界トップメーカーのドイツHSM社が開発した1台でペットボトルの破砕・圧縮・梱包を同時に行う機械を日本でも販売開始しました。主要な仕様は以下の通りです。駆動部ははクラッシャー部:2.2kW、圧縮部:4.0kWです。圧縮力は11邸ベールサイズはW500xD500xL〜1200。ベール重量は100Kg、処理量は1肇椒肇覺校擦濃間当たり約4,000本。機械寸法:W950xD3690xH1800,機械重量:1150Kg。圧縮前に残液処理を行い、ペットボトルの噛み込みには特殊構造のローラーを配備して、減容率も高めています。
詳しくは当社営業担当者に照会下さい。
53鼎離僖錺侫覦欺椋包機が市場ニーズにベストマッチ。
産業廃棄物処理のニーズ変遷として、大型化、効率化、操作性、安全性、難物廃棄物処理の可否が求められています。この傾向に沿って、当社が5年前より導入したドイツHSM社製のプレス圧53鼎琉欺椋包機が市場にベストマッチと好評です。強固なボディ、7.5kWのワンランク上のモーター、結束ひもの確実な取り出しとゆるみ止め機構、緻密な安全装置、自動圧縮スタートシステムなど先進的なドイツ・デザインが満載。各業種のユーザー様にはご満足度が高く、紹介が紹介を呼ぶ好循環となっています。是非ご一報下さい。
兵庫県の南但クリーンセンターに大型バイオガス発電機を納入しました。
食品残渣などの生活廃棄物や産業廃棄物の再生利用を目的に、バイオガス発酵処理施設とバイオガス発電機を主体としたプラントが兵庫県の南但広域行政地区に建設されました。当社はこの施設にドイツSEVA社製の出力191kW(発電効率38.8%)のガス発電機を2台納入しました。ドイツSEVA社はバイオガス先進国のヨーロッパにおいてガス発電機分野ではトップメーカーです。SEVA社独自の技術でバイオガス濃度変化にも追随し安定した発電をすることができます。平成25年7月に竣工し本格稼動を開始しました。写真は191kW出力のガス発電機です。
100ボルト・コンセント使用の簡易型ペットボトル破砕・減容処理機のご紹介
扉を開けてペットボトルやCD・DVDを投入し、フタを閉めるだけでシュレッダー感覚で細かく砕いてくれます。機械寸法は、幅650x奥行650x高さ1400mmなので場所を選ばずに設置できます。扉センサーのオートスタート・オートストップの安全省エネ設計です。カッター枚数は16枚で、最大トルクは892N・mです。学校・病院・公園・オフィス向けに隠れたヒット商品になっています。
国内外のマテリアル・リサイクル用の圧縮梱包機でリーダーシップを取るHSM社製圧縮梱包機
性能面、作業性、安全性、圧縮効率等の点で高評価を頂いているドイツHSM社の横型・縦型圧縮梱包機は、国内外向けのマテリアル・リサイクル業者の皆様への納入実績が飛躍的に伸びています。本年2月に納入されたプレス圧36鼎竜ヽは、材料の圧縮効率・作業時間の短縮・プレス圧がそれぞれ従来機種と比較して約20%もアップしたと作業者の方々に喜んで頂きました。材料投入口も幅1200 x 高さ650mmで大きな材料でも一度に簡単に投入できます。また一番好評なポイントは結束ひもの結束の簡便性と結束時間の短縮です。材料の特性にあった圧縮方式を選択できるなど他社にない特徴も数多く有しています。納入実績の増加が、高評価の伝播となって好循環の状況を呈しています。マテリアル・リサイクルのノウハウも沢山有りますので遠慮なくご相談下さい。
空き缶、ペットボトルの一貫処理ビジネスの展開
空き缶、ビン、ペットボトルといった再生資源のリサイクル事業は、回収→選別→圧縮→インゴット売買の一貫したビジネス展開が求められます。(ペットボトルの場合は、さらに破砕→洗浄→脱水→フレーク売買も必要です。)当社ではこの分野で実績のある(株)日本ボトラーズと提携して全国的にこの一貫ビジネスを推進します。このビジネスは比較的に小資本でも展開できるメリットがありますが、今後の市況では一貫サポートできる会社とのタイアップが不可欠となります。是非当社にご相談下さい。写真は空き缶ビジネスをされている会社への納入事例です。
圧縮梱包機では世界トップメーカーのドイツHSM社のプレス圧53鼎離僖錺侫覦欺椋包機
圧縮梱包機分野ではドイツHSM社が世界のトップメーカーとして有名です。当社は、このHSM社が誇るプレス圧53鼎離僖錺侫覦欺椋包機を日本各地に納入しています。今回は軟質系フィルムの圧縮で40フィートコンテナに約25点兀椶気譴討い詛僖廛虱⊇亢伴塒佑鮠匆陲靴泙后ベール重量は400〜500Kg,ベールサイズは1200x780x1200で40フィートコンテナに約60個のベールを積込ます。写真は53徹欺椋包機に軟質系フィルムを投入している写真です。
特殊形状のドラム缶圧縮機のご紹介。
当社は、一般的な200藩椴未離疋薀犂粍欺無,鵬辰┐50,125,高さ98cmのドラム缶、200肇廛薀疋薀燹1斗缶、アクア飲料用容器等のドラム缶や容器の圧縮・減容機の納入実績があります。今回は50藩椴未瞭鍛躔織疋薀犂魅廛譽控,稜柴事例を紹介します。仕様面では、圧縮力17〜32邸▲癲璽拭射椴3.7kW〜7.5kWなどお客様のニーズに合わせた製作も行なっています。搬入・取出し装置も含めて最適な圧縮機をご提案します。是非ご照会下さい。
ペットボトルの圧縮効率を高めた容リ法対応のPPバンド結束の全自動横型圧縮梱包機の納入事例
近年のペットボトルのマテリアルリサイクル化は多岐に亘ってきており、その傾向に伴いペットボトルのリサイクル機器の需要も高まっています。当社では選別後のペットボトルをコンベアで移送し、次に圧縮効率を高めるための穴あけ機を圧縮梱包機の上部に設置し、最終工程としてPPバンド結束の全自動横型圧縮梱包機で圧縮・減容するトータルシステム機器を開発しました。ベールサイズはオーダーメイドで、処理能力も1.5邸5邸親の広範囲の各種機器をご提案できます。写真は設置事例です。
ドイツの最新技術が満載のパワフル圧縮梱包機が、全国で活躍しています。
ドイツHSM社のプレス圧36〜53鼎離僖錺侫襪塀跳唇欺椋包機レンジが、大量の硬質プラを効率良く圧縮できると全国のお客様に大変好評です。ペットボトル、アルミ缶はもとより、カーバンパー、カートリッジ、キャビネット、プラドラムなどの圧縮用として納入実績が飛躍的に伸びています。開口部もW1195xH650と大きく、梱包物サイズもW1200xD780xH1200と輸出用サイズです。
ドアは油圧で自動開閉、ドアーを閉めるとプレス盤が自動稼動、操作手順が簡単なディスプレーなど世界トップメーカーのHSM社の最新技術が満載されています。
飲料用容器の選別・圧縮・減容のトータルライン化システムを設置しました。
飲料容器(ペットボトル、スチール缶、アルミ缶、空きびんなど)を選別・圧縮・減容するトータルラインの設置事例です。さらに前処理機器として破収袋機の追加設置もできます。当社ではさらに、分別した処理物をそれぞれの再資源化に最適なルートをご紹介する事業も展開しています。処理能力はスチール缶換算で時間当たり500〜600Kg。ライン構成の主要機器は、選別台、投入コンベアー、貯蔵ホッパー、磁選機、アルミセパレーター、プレス機(2台)、排出コンベアとなっています。
金属切粉を最適なサイズに固形化することに成功した全自動金属プレス機のご紹介。
トピックス欄でご紹介した、切粉の処理コストを大幅に削減した全自動金属プレス機です。切粉投入はバケット方式の全自動で、1回の投入は100〜300L(30Kg)。プレスは3行程で最後の圧縮のブロック化のプレス圧は250鼎任后ブロックサイズは400x400x250。圧縮効率は2/5。切粉圧縮はプレス圧を上げ過ぎても粉々になって固形化しないので最適プレス圧の設定はノウハウとなります。フレコンバッグ1枚に16ブロック(480Kg)入れ、フレコン20袋(9,600Kg)を10泥肇薀奪に効率良く積載してリサイクル工場へ搬入しています。
資源ごみの選別・圧縮ラインに設置できる可搬式の小型破袋機
投入口(サイズ600x1,050mm)から45〜70藩椴未離乾濛泙鯑れると、スクリュー搬送される過程で破袋ユニットで袋を破り、数秒で資源ごみと袋が排出されます。用途としては、缶、PETボトル、びん、容リプラなど大量に破袋するリサイクル施設向けです。処理能力は1時間当り約50〜60M3で、回転数制御によって処理速度の調整も容易にできます。可搬式で高さ調整も架台で簡単にできます。動力は2.2kW。本体寸法:2200Lx1100Wx1300H。機械重量は550Kg
中古衣料用の縦型圧縮梱包機が好評です。
日本の中古衣料は高品質なことが高評価され、海外輸出が堅調です。当社は一昨年大型の古着専用の縦型圧縮機を開発し順調に販売を拡大しています。(既報)一方,月間の処理量が数十鼎ら100徒にの新規参入会社向けに、プレス圧30〜50鼎僚跳唇欺椋包機の一部を改造して専用機として販売し大変好評です。縦4本、横2本の十文字結束により荷姿や圧縮効率を高め、40フィートコンテナへの積載効率を高めています。ベールサイズは幅1200 x 奥行800 x 高さ1000(mm)、ベール重量は一般古着で350〜380Kg,純毛で230〜250Kgです。
難物廃棄物の処理に53鼎僚跳唇欺椋包機が活躍しています。
中間処理施設では少量多品種で受け入れているプラドラム、飲料缶、ペットボトル、トナーカートリッジ、カーバンパー、などの難物廃棄物の処理にお困りのところが多く見受けられます。この問題をドイツHSM社製のパワフルな53泥廛譽弘気僚跳唇欺椋包機の導入で解決されています。当社では東京都内に設置したデモ機で、実機テストを随時行っています。また沢山の納入の事例や
データを御紹介致しますので遠慮なく当社営業部、もしくは各地代理店にお問合せ下さい。写真は関西地区でペットボトルを圧縮梱包している納入事例です。
ペットボトル・缶類を、時間当たり最大2,400本を減容処理できる破砕機をご紹介します。
本年9月兵庫県内にペットボトル・缶類を、時間当たり最大2,400本まで減容できる破砕機を設置しました。特許取得構造のローラーシステムがボトルや缶類容器を穿孔し、圧縮します。減容率は原型サイズの1/3〜1/4となります。モーター出力は3kW.機械サイズは幅792 x 奥行1,585 x 高さ2,040mm,重量は約225Kg。破砕機のローラーはHSM社の特殊焼入れノウハウによって耐摩耗性、堅牢性を有しています。また省エネ対策として2分間機械が運転されないと自動停止します。飲料系ボトラーの販売ルートから要請の大きかった物流コストの削減と産廃ルートから要望の多かったペットフレークの前処理機械としても大きな期待を寄せられています。当社は本年9月より、この破砕機の本格的な販売をスタートしました。実機の見学をご希望の方は、当社或いは当社代理店に遠慮なくご連絡下さい。

マルチ圧縮機に、業界初の切断装置を付けた機械を新開発しました。
少量多品種(ダンボール、空き缶、廃プラ、ペットボトルなど)を1台で圧縮・減容するマルチ圧縮機は、大変好評で全国に納入実績が広まっています。写真は東北地区に複数台納入されたマルチ圧縮機です。モーターは3.7kW、プレス圧は25鼎妊戞璽襯汽ぅ困鷲600x奥行400x高さ100〜500(mm).このマルチ圧縮機に切断・排出装置をつけた業界初の機械を開発しました。切断ピッチは30〜50mmからお客様のご要望に応じてカスタム・デザインをします。
大手ビル街から発生する大量のゴミ処理用に圧縮梱包機を設置しました。
大手ビル街からは、段ボール、紙類、ペットボトル、ジュース缶、ビンなど多種多量のゴミが排出されます。当社は本年7月に段ボール処理用の横型圧縮梱包機を横浜市内のビル街の地下作業場に納入致しました。梱包物の大きさは幅500(mm) x 高さ500(mm) x 長さ自由で、地下作業場でも取扱い易いサイズにしています。モーター容量は7.5KWで、時間当たりの処理能力は300Kgです。
自動ひも通し装置付きで結束も簡単です。さらにオプションで風送投入、押し込み装置なども提案できます。昨年の東京銀座のビル街に続き、大型ビル街からのゴミ処理の問い合わせが数多く寄せられています。
ドイツHSM社製のパワフル53トンプレスの納入事例をご紹介します。
圧縮梱包機分野のニーズは多様化しており、当社としてもお客様の各種ご要望に対応した販売政策を展開しています。特に昨年末から販売開始したドイツHSM社製の縦型圧縮梱包機(プレス圧が36邸■毅貝鼎龍力パワー機)が事業系、産廃系のいづれの分野にも品質・性能の両面で高い評価を得ています。トピックスの欄でもご紹介した「環境先進国のドイツ」のノウハウが満載されています。結束ひもの取り付けや機械操作は機械の前面のみで行える構造となっており、機械設置の省スペース化にも有利です。両機種ともパワフルの元となる7.5KWのモーターを使用しています。写真は6月に納入したVプレス860で大型サイズの段ボールを圧縮した事例です。ベール重量は410Kgでした。
関東の大手食品会社に端材の圧縮梱包機を納入致しました。
食品業界で使用される機器は、当然のことながら厳格な仕様と性能を満たす必要があります。当社の圧縮梱包機は、この厳しい要求に応えるべく、パワーシリンダーの採用、ブリッジ防止の特殊エアーブローの設計、満タン検知の光センサー、エアーノズルのチドリ配置など24時間稼動に耐えるように随所に斬新なオーダーメイド設計を行っています。ダクト風送設計も大手風送メーカーとのタイアップを図ることにより、有効なパートナーシップを築くことが出来ました。
夏場の最需要期に備え作業性と効率の良い空き缶圧縮機を設置しました。
昨年に引き続き猛暑が予測されている今夏の最需要期の前に、飲料用缶類の横型空き缶圧縮機をジャストインタイムの5月に和歌山県に納入しました。圧縮プレス圧32邸電動機7.5kW,圧縮サイズは500x400x50〜200(mm)。処理能力はスチール缶で毎時約600Kg,アルミ缶で約200Kgです。圧縮回数1〜3回の切替式、待機節電装置付、高性能選別コンベア付、などユーザー様のニーズに合った設計となっています。
販売提携したドイツHSM社製のペットボトル穴あけ機(型式PF600)の納入事例
使用済みペットボトルの処理機器の中で、ペットボトルの穴あけ機は破砕・粉砕の前処理機として重要になってきています。当社は、選別・穴あけ・破砕・粉砕・洗浄・乾燥のトータルシステムを提案していますが、今回はドイツHSM社製の「ペットボトル穴あけ機 型式PF600をご紹介します。処理能力は時間当たり37,500個(50〜60M3)注:1リットル入りPETボトル換算。モーターは3.0kWを2基搭載。ドイツHSM社の特許構造を有した大小のグリッパーを持った特殊形状のローラーが各種サイズの容器を確実に取り込み穴あけ処理します。上位機種として処理能力時間当たり75,000個の型式PF1200もあります。
工場内マテリアルリサイクル用に最適な圧縮槽を4基連結した縦型圧縮梱包機を納入しました。
今回は工場内で発生する多種のプラスチック系産業廃棄物を発生現場で直接分別、及び圧縮梱包するために4基の圧縮槽を連結した縦型圧縮梱包機を設置しました。主たる仕様は、圧縮力20邸機械幅4,900mm、梱包物のサイズは幅1100mm、奥行700mm、高さ800mm、ベール重量〜300Kg。梱包物のトラック輸送、中国向輸出などを充分に考慮した設計です。廃棄物の有価資源化、工場内での環境対策にも強力にサポートできました。四国の大手フィルムメーカーに納入しましたが、既に11月にはフル稼働しており大変好評です。
マテリアルリサイクル用の最強プレス圧150鼎糧昭動圧縮梱包機を設置
昨今の景況の厳しさによって産業廃棄物の排出量は激減しています。一方多種少量の廃棄物処理の課題も多く、生き残りにはこの課題を克服する事が絶対条件です。当社は廃プラ(軟質・硬質)、アルミ缶、スチール缶、紙類などの廃棄物の多品種少量の処理とマテリアルリサイクルのシステムを提案しています。
中心となる機械に40HP(30kW)で150泥廛譽弘気鰺する半自動圧縮梱包機を推奨し、圧縮物の有価買入れも同時に提案しています。フレコンバッグで回収した硬質プラなどをそのまま圧縮機に投入して高密度のベールを製造しています。11月に三重県の産廃会社に納入した機械は既にフル稼働状態です。
古着専用の圧縮梱包機を開発し納入しました。
日本国内で発生する古着のリサイクルニーズは、品質の良さが高く評価されて需要は堅調です。特に東南アジア、中近東、アフリカ向に多く輸出されています。当社は、数多くの古着取り扱いの専門業者様より簡易型の専用圧縮梱包時の開発を要望受けておりましたが、約1年をかけて専用機を開発しました。処理量は3〜5邸親、横5本、縦3本のクロス結束仕様で、夏場・冬場の需要最盛期にも充分対応できる仕様としました。古着圧縮梱包機は本年8月に京都府内、今月(10月)埼玉県内に納入し皆様のご要望にお応えできたことに喜びを感じています。
飲料系自動販売機ベンダーのリサイクル・ルート用の空き缶圧縮機を納入しました。
飲料系自動販売機ベンダーを通じての飲料用の缶、ビン、ペットボトルの消費量は近年増加の一途を辿っています。従い、そのリサイクル・ルート及びリサイクル機器の整備・充実は社会的にも大きな課題となっています。日本グランツはこのニーズに合致した機器の拡販を行っています。納入事例として、本年10月に愛知県に納入した空き缶圧縮機の写真を紹介します。
医療系廃棄物を処理する4澱γ綣以殞筌灰鵐謄福爾鯒柴しました。
医療系廃棄物の処理機器のニーズが増大しています。このたび当社は、大手の医療系廃棄物処理会社様より基本設計仕様の提示を受け、4澱γ綣以殞筌灰鵐謄福爾魍発しました。保冷・断熱特性を高め、且つ作業性の良い観音開き式扉(施錠装置付き)を採用しています。
コンテナーの外寸は、幅2000 x 長さ3780 x 高さ1940。 コンテナー重量は約3000Kg。平成22年8月に神奈川県に納入しました。
ガレキ類などの建設系廃棄物を処理する小型高性能の粉砕機を開発し納入しました。
廃かわら,ガラス陶磁器クズ,レンガ・タイル,コンクリートブロックなどの建設系廃棄物は難物処理です。当社はお客様のニーズに合わせるために現場にテスト機を持ち込み多種多様な処理物を個別にテストを行い最適な処理条件を求めました。ハンマークラッシャー機構を搭載して小型で高性能な粉砕機の開発に成功しました。また、機械も密閉型構造として騒音対策も万全を期しました。7月に西日本に納入した機械は2号機ですが、良好な処理性能にお客様にご満足を頂いています。これからの建設系廃棄物の処理機として拡販を計っていきます。是非お問い合わせ下さい。
超レアメタルの加工時に発生する切粉(キリコ)の圧縮機の開発。
使用条件が非常に厳しい、宇宙ロケットや航空機部品などには超レアメタルが使用されています。この超レアメタルは、超硬度であり切削加工でも超高度の切削加工技術が要求されています。またこの超レアメタルの価格は超高価で切粉のマテリアル・リサイクルも要求されています。当社は、研究用の特殊治具を作成したり、2度の実用化実験も行って、約8ヶ月の開発期間を経て切粉圧縮機を完成させました。含油処理、バケットによる全自動での投入、自動圧縮減容、自動取出しの工程の完全自動化に成功しました。超レアメタル切粉への適正圧縮力の算出や、圧縮工程に業界初のアイデアを数多く盛り込んでいます。本年4月に納入し実稼動しています。
回収ペットボトルのリサイクル・ライン
ペットボトルの回収、及びそのリサイクル率は高く、破砕・粉砕されたペットフレークのニーズは高まっています。最近ではそのリサイクル用の原料化に対し、フレーク品質のさらなる向上が求めれられています。このニーズに合った簡易型のシステムが開発され、4月に関西地区のユーザーに納入されました。
ペットフレークをメッシュベルトで搬送しながらヒータールーム内を通して高速乾燥させるなどのオプションもあります。ラベル類が混合している場合でも使用でき、また微粉砕くずをブロアーファンで同時吸引も行っているので、工場内での拡散も防止します。当社では、このシステムの販売だけでなくペットフレークの買取もしていますの、ハード・ソフト両面でご相談下さい。
クローズド・システムの全自動圧縮梱包機を納入しました。
紙類のスリッター屑をダクト風送で圧縮梱包機に自動投入し、PPバンドで結束するクローズド・システムの全自動圧縮梱包機を昨年の12月に静岡県に設置しました。損紙処理を発生現場より完全にクローズド・システムにしているため、粉塵などの微細なゴミも作業現場に出すことなく、大変きれいな職場となっています。1月より既にフル稼働しており、業績アップにも貢献しています。写真はトータル・システム内の全自動圧縮梱包機部分です。
ごみの中継基地に、据置型コンパクターと密閉型の大型コンテナを設置した事例。
ごみ収集地点から処理場までの距離が25Km位の範囲内で、小型清掃車(4M3タイプ)が、不燃ごみ、容リプラなどを収集しているのが一般的です。
これをごみ中継基地をつくり、大型の密閉型コンテナにコンパクターでごみを1/6〜1/8位に圧縮して積替えて、大規模処理センターに輸送する構想が各地の自治体で検討されています。これにより、臭気対策・排ガス削減などの環境改善がなされ、かつ輸送コストや交通量の削減にも貢献します。
北海道のクリーンプラザにブラミダン社製の縦型圧縮梱包機を納入しました。
北海道には市町村独自のリサイクル・センターや、民間経営の廃棄物処理の中間処理工場が数多くあります。当社はこれらの工場ニーズにあった30邸腺毅悪鼎龍力なプレス圧を有するブラミダン社製の縦型圧縮梱包機を販売し、大変好評を得ています。作業性が良い事に加え、圧密度の高いベールは道内のマテリアル・リサイクル工場向け、及び中国向け有価輸出用としても高い評価を得ています。40フィートコンテナに60個のベールが積載できます。
作業の効率化と、品質安定化を図った、包装容器プラスチック処理ラインを設置しました。
容器包装プラスチックの収集物は、各自治体などで大きなバラツキがあるのでオペレーション・マネージメントが重要なポイントです。当社はこの課題に多くの中間処理会社とタイアップし、ノウハウの蓄積を図ってきました。投入、破袋、選別、破砕、洗浄・脱水、圧縮などの工程の作業効率のアップと品質の安定を図り、より良いマテリアル・リサイクルへの展開を目指しています。今回、関東地区に従来より効率、品質共に大幅に改良したラインを設置しました。さらなる向上を、皆様と目指していきますのでどんどんご相談下さい。
プレス圧150鼎猟橋力半自動圧縮梱包機を中間処理会社に納入。
中小規模の中間処理工場では、少量多品種の産業廃棄物処理の難問題を抱えています。当社はこの課題に対し、硬質・軟質プラスチック、金属スクラップ、空き缶、段ボール、紙類など多種多様の産業廃棄物を重機投入方式で作業性良く処理できる半自動圧縮梱包機を開発し、山陰地区の中間処理会社に平成21年7月に納入。同8月より本格稼動を開始しました。
プラ容器、ペール缶、硬質プラ・キャビネット、建設廃材・サッシ、など難物を超強力プレス圧150鼎妊瓠璽拭竺僂離戞璽襪飽欺未靴泙后少量多品種の産業廃棄物処理に万能タイプな圧縮梱包機として大好評です。
清涼飲料用の自動選別付高性能空き缶プレス機を納入しました。
当社は2年前に大阪府内の空き缶処理会社と縁があって知り合いましたが、当時は少量の空き缶処理機1台で事業をスタートされていました。その後、空き缶の処理量が増えるに従って、手選別ラインや、投入機などを順次設備して頂き、今年の夏場の最需要期に対応すべく、自動選別付高性能空き缶プレス機を導入頂きました。(平成21年7月)処理能力は、スチール缶が時間当たり750Kg,アルミ缶が、同250Kgと格段の能力アップとなり、この最多忙期をなんなく乗り越えることができました。このお客様と成長を共有できたことに充実感と、喜びを感じます。
国内最大級のRPF工場に光学式選別機を納入しました。
建設系混合廃棄物からRPF(固形燃料)を生産する完全自動化ラインが奈良県内の大手リサイクル工場内に完成しました。(平成21年6月)RPF生産量は年間4万トンで、国内最大級となる最新鋭工場です。当社はフランス製の光学式選別機と、光学式選別機の選別精度を格段に高める目的で同じくフランス製の振動ふるい機を専用前処理機として同時に納入しました。この組み合わせでRPFの塩素成分を大幅に削減することに成功しました。
容リ法で収集した廃プラを一貫処理するトータルラインをコーディネートしました。
容リ法で収集した廃プラを、定量コンベア投入、破袋、選別、圧縮のトータル処理ラインをコーディネートしました。当社のノウハウを生かすことによって大幅な効率アップが図られました。(神奈川県内の中間処理工場に設置)
全自動圧縮梱包機 (床上投入方式)
大手ハウスメーカーの新設物流センター(千葉県)に大型の全自動圧縮梱包機を設置しました。建設リサイクル法に基づき建設現場に係わる資材の再資源化が本格的に行われます。当社は圧縮梱包機を2台同時に納入致しました。
ペットボトル粉砕機
マテリアル・リサイクル用に開発されたペットボトル粉砕機。
均一、且つ良質なPETフラフを生産。
兵庫県内に納入しました。
産業廃棄物処理施設 (コンベヤ投入方式)
神奈川県内の産業廃棄物・建築廃材(ダンボール等)の
圧縮梱包用として、横型圧縮梱包機 SMG-1000-60HP
(コンベヤ投入方式)を導入しました。
ペットボトル穴空けライン
マテリアルリサイクルを推進するために、中身の入ったペットボトルをコンベアに投入するだけで、「穴あけ」、「中身排出」、「圧縮」の3工程を1台で行う機械です。
栃木県に1号機を納入しましたが、処理能力が従来より倍増しました。
廃プラ、紙類、繊維くず等の全自動圧縮梱包機 (重機投入式)
東京都区内に廃プラスチック・紙くず・繊維くず等の
圧縮梱包用として、横型圧縮梱包機  SMG-1000-60HP
(重機投入式)を導入しました。
大規模リサイクル・プラントに全自動圧縮梱包機を2基同時に設置
北陸地区の大規模リサイクルプラント内に、廃棄プラス
チック圧縮梱包用として横型圧縮梱包機 SMG-1000-30HP
を2基同時に納入しました。
農業用ビニールの圧縮梱包ライン
東北地区の農業用ビニールの破砕・洗浄・分別・圧縮梱
包ラインに横型圧縮梱包機 SMG-R-700-30HPを導入しました。